【全手順画像付きで解説】GitHubのパスワード認証をパーソナルアクセストークンに変更する方法

AWS IT

こんにちは。れいです。

久しぶりにgitでGithubにpushしたのですが、認証エラーが発生しました。
認証方法がパーソナルアクセストークンを利用する方法に変更したようなので、試してみます。

エラー内容

Githubでプッシュ時に以下のエラーが発生しました。

$ git push origin main 
remote: Support for password authentication was removed on August 13, 2021. Please use a personal access token instead.
remote: Please see https://github.blog/2020-12-15-token-authentication-requirements-for-git-operations/ for more information.
fatal: unable to access 'https://github.com/xxxx/xxxx.git/': The requested URL returned error: 403

原因

エラーメッセージを読むと、2021年8月13日にパスワード認証のサポートをやめたので、代わりにパーソナルアクセストークンを使ってください、とのこと。
ということで、パーソナルアクセストークンを発行してみます。

パーソナルアクセストークンの発行方法

Githubを開き、Settingsをクリックします。

左側にあるDeveloper settingsをクリックします。

左側にあるPersonal access tokensをクリックします。

右上にあるGenerate new tokenをクリックします。

以下を入力 or 選択して、最下部のGenerate tokenをクリックします。

  • Note(任意)
  • Expiration(トークンの利用期限)
  • Select scopes(トークンのスコープ。自分のレポジトリに対して色々したい場合はrepoにチェックを入れます)

パーソナルアクセストークンが発行されるので、コピーします。

コマンドラインで、以下を実行し、現在のoriginを削除します。

$ git remote remove origin

新しく、トークン認証用のoriginのURLを追加します。
<トークン>には、先ほど取得したトークンを利用します。

$ git remote add origin https://<トークン>@github.com/<ユーザ>/<リポジトリ>.git

参考

  • https://qiita.com/atsymd/items/a1ff5a496b78f47ce80e